前へ
次へ

注文住宅の魅力とは

注文住宅とは、似たようなデザインの家がたくさん並ぶ既定の建売住居とは違い、図面を引く段階から工務店と注文主が話し合い、間取りや空間の使い方やカラーリング、使用する建築用材に至るまですべてを自分で決めて建築する家のことです。
もちろん手間も料金もかかりますが、それでも注文住宅は人気です。
それは、それぞれの方の住まいへのこだわりや個性、夢を盛り込んだオリジナリティあふれる素敵なマイホームを手に入れることができるからだと思います。
家を一軒買う、というのは人生においてそう何度も訪れることのない、大きな買い物の瞬間です。
どうせたくさんお金を使うなら、希望通りの品物を買うほうが良いでしょう。
注文住宅は、そんな方の願いをかなえてくれます。

注文住宅の値段

注文住宅とは、工務店と一から話し合って希望通りの家を建てるこだわりの建築方法です。
大きな住宅街などでよく見かける、同じような色とデザインが並んだ住宅は規格型建売住居と呼ばれ、大量生産住居ですから値段が比較的安価で、ドアノブや窓枠などの部品も規格通りですから簡単に補修・交換可能です。
そうやって便利で安価な住居があっても全て注文して家を建てるのは、もちろん大変なことです。
まず費用が掛かります。
本格的にこだわって建築用材もすべて高級品で、とやったら簡単に数億のお金が飛びます。
ただ、それは大金持ちや有名芸術家などの場合です。
最近は普通のサラリーマン家庭でも注文住宅が買えるよう、事前に予算を決めて、その範囲内で希望にかなう家を建ててくれるところもあるので安心です。

Page Top