前へ
次へ

注文住宅施工業者の選び方

注文住宅の業者の選び方としてきちんと責任を果たしてくれる業者を選びましょう。
中には宅地の販売が主の業者がいて自社で名ばかりの工程管理しかやらず、ほとんどの施工業務に置いて外注先や下請け先に任せています、設計図の作成、材木の仕入れ及び加工管理、施工等が一貫して行われないのです。
各工程で関わる作業者に責任感が乏しく、不安で仕方ありません。
注文住宅の選び先としては工務店系がよろしいと思います。
施工の全てに置いてきちんと管理され責任を持って当たってくれます、急な変更依頼や細かい点の相談に乗ってくれますし対応が早く、応対が丁寧ですまたアフターフォローも気軽にお願いできます。
家は高い買い物です自分達が納得し安心できる業者を選びましょう。

注文住宅の楽しさについて

注文住宅とは、建売住宅や既定の設計建築とは違い、顧客が工務店と設計段階から話し合い、間取りや、窓やドアの位置、使用する建築用材まで一から決めていく建築方法の事です。
設備のすべてを希望通りにできるので、思い描いた夢の家を手に入れることができます。
もちろん、時間はかかりますし、建設現場に立ち会うことも多くなりますし、何より部品が特別注文ですので今後の補修費用がかさみます。
それでも注文住宅が人気を集めているのは、それだけ注文住宅には楽しさがあるからです。
風水にこだわるもよし、プールやブランコをつけるもよし、住民の個性が表れた「自分らしい」家を手に入れて住むこと、それは人生においてとても大切なことではないでしょうか。

Page Top